【暮らしっく マレーシア】POS Lajuで日本送付編(2022/2/21)

暮らし

ここでは、小生のマレーシアの暮らしについて紹介、今回は、POS Lajuで日本送付編だす(2022/2/21)

はじめに

日本に友人がいない小生にとって、日本へ物を送ることはまずないだす

しかしながら、小生の友人がインスタントテタリ(日本では人気のようだす)を日本へ送りたいとのことなので、こっそりと取材してみた(笑)

今回は、POS Laju(マレーシアの郵便局)から日本へ送るだす

今回用意したもの

今回事前に用意したものはこちら

  • 配送料(現金だけでなく、クレカやデビットカードが使えるが、eWalletは不可)
  • 送る荷物
  • 情報(配送先及び配送元の名前、電番、住所及び郵便番号)

※箱はPOS Lajuが用意してくれるだす

送付依頼の流れ

POS Lajuに着いたら、最初に番号札をゲット

※今回は「PARCEL」の為、ボタンDをプッシュ

番号札の番号とカウンター番号が表示されたら、カウンターへ移動

荷物を渡し、送付先(日本)を伝える

箱はお姉さんの手作り(笑)

因みに携帯で、箱のサイズを図ってみた(笑)

送付表を渡されるので、送付先及び送付元情報と品物情報などを入力

配達料を支払う、今回の配送料は以下の2種類から1つを選択

  1. RM150→配達期間2週間
  2. RM195.1→配達期間1週間

※今回は①で頼んだが、1週間もかからずに配達されたとのことだす(笑)

送付表を箱に貼ってもらい、

控えを受け取って完了だす

終わりに

POS Lajuは色んな所に店舗があるので超便利

日本を近く感じた一日だすた(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。