【確定申告 マレーシア/2022年】2021年度分 e-Filingでの申告方法(会社員/非居住者/パソコン)(2022/3/20)

確定申告

ここでは、パソコンを使って、e-Filing(オンライン)からe-M Form(会社員/非居住者用)の申告の流れを紹介(2022/3/20)

はじめに

マレーシアでは、確定申告は個人で行う(>_<) だすが、

税務署に出向くことなく、オンライン(e-Filing)で申告できる

ここでは、パソコンを使って、確定申告が初めてかつ前年度税率30%収めている会社員/非居住者の申告の流れを紹介


【始める前に】

  • オンライン(e-Filing)での申告期間(2021年度分)は、2022/3/1~2022/4/30
  • 銀行口座番号欄にキャッシュ/デビットカード番号を記載しない
  • エラーになるため還付先にDuitNowを指定しない
  • 申告前にブラウザのポップアップブロックは解除しておく
  • メールアドレスは正確に

用意する情報

申請には、以下の情報が必要

  • パスポート番号
  • 銀行アカウント番号
  • EA Form(会社側で発行)に記載の税対象所得金額及び納付済み税金額
  • ezHASiLのログインパスワード

※ezHASiLのログインパスワードを設定していない方は、こちら

EA Formの見方

EA Formで必要な情報は、2つ

CとDの間にあるJUMLAH(TOTAL/合計)に記載されている税対象所得金額とD-1に記載されている納付済み税金額

下の例では、税対象所得金額は19475.81リンギットで、納付済み税金額は5,842.75リンギット

ログインからe-M Formまで

① ezHASiLへアクセス

「Passport No.」を選択後、パスポート番号を入力し「Hantar」をクリック

※英語表記希望の場合は、上の「EN」をクリック

② ezHASiLのパスワードを入力し、「Proceed」をクリック

③ 左下の「e-Form」をクリック

④「e-M」の「Year of Assessment」から「2021」をクリック

⑤ 2回「2021」をクリックして開かない場合

上タブの「e-Form Status」をクリックし、以下が表記されたら、「Fill」をクリック

個人情報の入力

① パスポートの有効期限、国籍、性別、生年月日、婚姻状況を確認もしくは入力/選択し、「Next」をクリック

※パスポート番号が変更になった場合は、新しいパスポート番号を「Current passport no.」へ入力

② 実家の国名、住所、郵便番号を選択/入力

その後、電話番号、電話番号(国も選択する)、メールアドレスを入力

「Tax borne〜」はYesを選択し、あとの「Has financial〜」、「Carries on〜」、「Disposal of〜」は全てNoを選択

余剰税金還付方法を「Payment via bank account」と選択し、銀行名とそのアカウント番号を選択/入力し、下へスクロール

※「DuitNow」を指定できるが、エラーになるため、銀行選択がベスト

③「Next」をクリック

所得と税金の入力

① EA Formに記載されている税対象所得金額及び、給与支給元の会社の数を入力し、下へスクロール

② MTD欄にEA Form納付済み税金額が記載されていることを確認し、「Next」をクリック

③「Chargeable Income」欄に税対象所得金額を入力し、「Next」をクリック

サマリーと確定

① 還付金(TAX PAID IN EXCESS FOR THE YEAR OF ASSESSMENT 2021)確認し、「Next」をクリック

②「Sign and Submit」をクリック

③ パスポート番号及びezHASiLのパスワードを入力し、「Sign」をクリックして申告確定

領収書等の保存

確定後は、「Print Ac〜」及び「Print e-〜」をクリックして、証拠書類をダウンロード

ビザの更新等で必要な場合があるため、7年間保存だす

終わりに

確定申告後、入社から半年が経ち、かつ、請求税率が減った場合、

非居住者から居住者へ移行されたため、確定申告の変更のため、Taxオフィスへ行く必要があるだす